子宮腺筋症と子宮筋腫

子宮腺筋症と子宮筋腫

子宮筋腫と似た症状で、更に互いに合併症として発症しやすいもので「子宮腺筋症」という子宮内膜症の一種である病気があります。

子宮筋腫は10人に1人なっていると言われますが、子宮腺筋症は更に発生率が高く5人に1人だと言われています。

この二つは診察をしても判別が非常に難しいのですが、先にもある通り合併症としても発生しやすい為区別して考える必要が無いという見方もされています。

症状もよく似ていますが、支給腺筋症で起こる月経痛や過多月経は生活に困難をきたす程で、あまりに痛みが強い場合にはこの可能性が疑われます。

子宮の内層に内膜細胞が発生して子宮が肥大したり、また内膜が固くなるこの病気は35歳〜50代の層に多く見られますが、最近では低年齢化してきているとも言われます。

また、閉経後は通常落ち着く病気なので、必ずしも治療が必要とは言えず、命に関わる病気ではありませんが症状が酷い場合には子宮全摘出、または核出術が必要となることもあります。

症状がそれ程すすんでいない状態の場合は薬物療法に頼る場合もあります。

子宮筋腫と子宮内膜症

症状が似ていることから、問診だけでは子宮筋腫と判別がつきにくい子宮内膜症ですが、臨床診断である程度の予測が可能と言われます。

この病気は、本来子宮の内側にあるべき子宮内膜がそれ以外の場所にできて増殖や剥離を繰り返すというもので、特に卵巣にできたものを「卵巣チョコレート嚢胞」と呼び、この言葉は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

直接生命に関わることがない代わりに閉経まで完治することがなく、つらい症状と長く付き合わなくてはいけない女性もいます。

中には、症状がないまま閉経を迎えるという場合もありますが、代表的な症状は月経異常で、子宮筋腫と違い月経の度に症状が重くなっていきます。

子宮筋腫のチェック

吐き気・目眩・股関節痛などの症状が出る場合もあり、人によっては日常生活に支障が出る程度まで酷くなります。

その場合は、定期的な検査を重ねたうえで医師と相談し、適切な治療を受けることになります。

子宮内膜症は、近年の晩婚化や晩産化で女性の平均的な月経の回数が増えていることなどが原因で増えている病気です。